週間とか月間貸し自転車タマレンタルサービス

TOP まるまる5日レンタルの
仕組と料金
所属折畳自転車 オプション
ハードウエア

予約 駅で受け取り 自宅配送 改造可能

シボレー半額!(大学生限定価格?)
GMにささげるサービス開始!!

CHEVROLET シボレー設立とウイリアム・C・デュラントの大逆襲
アメリカ自動車創世記において、T型フォ−ドを世に送り出した
FORDモーター創設者ヘンリー・フォードの名は誰もが知っていると思いますが

その当時、FORDをも圧倒する規模の自動車コングロマリットのGM GeneralMotors ゼネラルモータース 
を創設したウイリアム・C・デュラントの名を知る者は少ないでしょう。

1 2 3



Chevy「シェビー」は英語発音Chevrolet「シェヴラレイ」の略語であり、
アメリカ人には古き良き時代からのおなじみの愛称です。
元々ヨーロッパ語源「シェヴラレイ」の発音が英語で発音しにくい為、いつしか「シェビー」と呼ばれる事と成りました。
わが国日本でも鈴木雅之率いるシャネルズが「いとしのシェビー'57」なんて歌をリリースしてる程
アメリカ(車)好きな人ならお馴染みの愛称です。

Louis-Joseph Chevrolet「ルイ・J・シボレ−」 (1878年スイス生まれフランス育ち)は
時計技師の父の影響を受けたせいか、技術への探求心は強く、
1900年頃、一家そろって北アメリカに移住するまでには、
自ら自転車を作ってレースに熱中する様な青年でした。
また、彼の経歴から考察するに
気性の激しい漢でもありました。

彼は自転車に縁も馴染みも無かったわけではありません。
むしろ、その後、自転車仲間である「超有名な漢」と組んで会社を起したりしますが
気性の激しいルイ・シボレー(以下:ルイ)はその漢と激しく喧嘩別れしたりしてます
ルイもデュラントに負けず劣らずドラマチックな人生を送ります。

ルイはヨーロッパ時代、自転車屋に置いてあったエンジン付三輪車に魅了され、独学でその構造を探求した末、
内燃機関エンジニアとして腕を振るい出します。

アメリカに渡った後、自転車時代にも見られた「いじるだけよりレースもする。」事に火がついたせいか
当然の事ながら数々の自動車レースに参戦。
当時のアメリカのレースにおける数々のコースレコードを樹立するするなど、
2人のレーシングドライバーの弟(ガストン・シボレーはインディ500で優勝してます)
と共に1910年ごろにはアメリカモータースポーツ界では
ルイ・シボレーの名を知らぬ者がいないほど…。





写真:ビュイックを運転するルイ・シボレー
ルイ・ビ(ブィ)トンとかルイ・ガノと同じ「ルイ」である。
ルイルイ!(←余計だ)




1910年当時、ルイはビュイックのエンジニア兼レーシングドライバーでした。

1909年ごろルイは自身が独自で開発する軽量自動車にも夢中で、デュラントから個人的に資金援助されていましたが
1911年11月3日、デュラントの後押しシボレー・モーター・カンパニー(以下:シボレー)を設立します。

デュラントは
また1911年10月30日にもリトル・モーター・カー・カンパニーを設立してます。
これはどう言う事かと言えば
デュラントのいつもの癖で、(懲りない人ね!)
GMの経営から離れたデュラントは早々、シボレーブランドを中心とした自分のミニGM」を造り始めるのです。
新GMの経営陣はその様を「今更デュラントに何が出来る?」と見て見ぬ振りでした。
リトル社設立当日に、早速4気筒の小型自動車リトル・フォーを650ドルで売ると発表。
(1911年のT型フォードは690ドル。)
相変わらず気の早い男です。

「気の早い」デュラントがリトル・モーター・カー・カンパニーを設立したのは
リトル・フォーのような安価な「T型フォードに対抗する車種」をリリースする為でしたが、
一方ルイは軽量高性能な車を造る為の起業と、その動機は間逆でした。
ルイのリリースした車は「高品質高性能ゆえにキャデラック並に高価格」で販売するしかなかったのです。

が、ルイのリリースした「高級車」はルイの名声もあってかそこそこの売上を納め、
気を良くしたルイは妻を伴いヨーロッパに長期休暇に出かけた隙にデュラントはシボレーブランドの
低品質の低価格車をリリースしようとしたためルイとデュラントとの確執が生じます。
1913年6月にリトル社をシボレー社に吸収したりして自ら創業した会社を
シボレーブランドに集約し始め「安価な自動車」のみに執着するデュラントとの軋轢から

1913年、ルイは自分のシボレー持ち株を売却し、自分の名を冠した会社を去りました。

ビュイック時代の手腕が証明する様にデュラントによるシボレーは順調な成長を果たしました。
ビュイック時代と違うのは、この当時にはT型フォードと自らが造り出したGMという二大巨頭がいたため
自動車のシェアと言う意味ではシボレーは微々たるものでした。
が、デュラントは着々とシボレーの拡大路線を続けます。

シボレー株の交換による銀行からの資金借り入れや
フランチャイズ方式によるシボレー組み立て工場の確保など
出資を極力少なくしながらその資本を最大限に活用するようなやり方です。
また、シボレー本社工場をニューヨークに移します。
これは当時世界の金融の中心として発達していたウォール街の
銀行や資本家にシボレーをアピールする為と言われますが、
その後のデュラントが起こす行動を見ると練りに練って計画された事だと納得出来るでしょう。
そしてデュラントの下ごしらえは完了しました。

一方その頃のGMは、デュラントの残した「贅肉」(金にならない会社)をすっかり削ぎ落とし、キャデラックとビュイックを前面に
財務健全化を果たし、予定通り1915年暮れには借金全額返済の目処がついていました。
お金のプロである投資銀行団の成果です。
(ハゲタカなんて言ってゴメンナサイ。やっぱプロって凄いなぁ…)
クドイ様ですが、経営は税理士さんや公認会計士さんの「プロのアドバイス」に素直に従いましょう!

満を持してデュラントはGMを管理下に置く投資銀行団に対し逆襲を開始します。

1914年12月
、野心的な小型自動車
シボレー490を発表
シボレー490の490とは当時490ドルで売られていたT型フォードを意識してのネーミングです。
(1908年の発売開始価格850ドルのT型は、その頃製造の合理化で490ドル前後まで価格が下がっていた。)
結局シボレー490は550ドルで売り出されますが、「塗装の乾きが早い」と言う理由で黒一色に統一されたのT型フォードと違い、
カラーバリエーションやオプションも豊富で当時の
T型フォード(と言うか実用一辺倒のヘンリー・フォード)の裏をかいたかのような車でした。
「確かに安い」けど5年以上見栄えしない
T型に飽きた客にはもってこいの車」だったのです。

また、T型フォード発売当初年間一万台超の販売数は、
1914年には年間30万台超(翌年50万台以上)と、爆発的な売上を記録。
T型はアメリカのみならず世界に向けての市場開拓車でもあったので、シボレー490はその
「開拓された市場に上手く乗っかれば良かった」のです。

時を同じくして
GMの株価が理由も無く徐々に上昇し始めます。
デュラントによる
GM株買い占めがはじまったのです。
が、80ドル代のGM株が200ドル以上に跳ね上がった1915年初頭、
デュラントの用意した資金はガス欠。
デュラントは20パーセント前後のGM株しか獲得出来ませんでした。
これでは経営陣を投資銀行団に牛耳られたGMに対して何の効果もありません。
「ライブドア VS フジテレビ(ニッポン放送)騒動」で学んだ方も多いと思いますが、
この時代も現代同様、発行株式の40パーセント以上を掌握しなければ株式会社を自分のものに出来ません。

そう、投資銀行団に対するデュラントの逆襲とは
デュラントによるGM買収なのです。


(1920年頃のシボレー490と思われル広告)

シボレー490は20年代後半T型の販売台数を超え19年続いたフォードT型の販売に終止符を打つ事となります。
デュラント16才でガッコを辞めてるから中卒だね



その先にも実はデュラントやシボレーのドラマチックな人生(伝記)が続くのですが、
ここでは「シボレー創世記」とそれまでのあらすじにとどめるのが目的なのでここで止めておきます。
その先が気になる方はこのサイトの参考文献や参考Webコンテンツである

「欧米日・自動車メーカー興亡史」桂木洋二著(グランプリ出版)とか
「GMとともに」アルフレッド・P・スローン・Jr著 有賀裕子訳(ダイヤモンド社)とか
読んでいただいたり、本が苦手の方は
「栄光なき天才たち14」森田信吾画 伊藤智義作(集英社)
という漫画なんかもありますので是非読んでみて!

アメリカ黄金期
はじまる20世紀初頭
GMに入ってきたクライスラーやらフォードの友人エジソンやら、
この時代には後世に名を残す有名人も色々登場して
まるで「アメリカ経済戦国時代」なんで面白いよ。
(ヘンリー・リーランドなんか、この頃の自動車産業助演男優賞モン。)

その他、ルイシボレーに関する日本語文献はナカナカ無いので
「アメ車物語」http://hfmo.info/cgmmo.htmlとか
「Gorgeous George The Corvette」http://www.amesya.com/honda/books/chevbeg.html
とか
またはウィキで調べてみたり(ウィキにもねぇよ!
外国語が得意な方は
http://sl.wikipedia.org/wiki/Louis_Chevrolet

http://lb.wikipedia.org/wiki/Louis_Chevrolet
http://en.wikipedia.org/wiki/Louis_Chevrolet
とかに目を通してみてください。

航空機関係や年代はウィキとか
「ライト兄弟のひみつ」http://www.wetwing.com/wright/index.html
「米国会図書館ライト兄弟アーカイブ」http://lcweb2.loc.gov/ammem/wrighthtml/wrighthome.htmlとか
から抜粋いたししました。
特に青年と経営者は本を読む事を推奨致します。

さて
青年よ!大志を持って携帯(しがらみ)捨てて旅に出てみてはどうか?
「だって、人生なんて行き当たりばったりの片道切符なんだもの…」
自転車で行けるトコまで行って電車で帰る21世紀型の「逆片道切符」推奨。
フォント導入試験中 タイトル・メニュー・要所要所:切絵字でした   本文:あずきフォントP


学生様に限り、実はまるまる25日も適用だったりします。(申し込み時にお名前と住所、学校名必須)

予約してみる

TOP まるまる5日レンタルの
仕組と料金
所属折畳自転車 オプション
ハードウエア

予約 駅で受け取り 自宅配送 改造可能